【WordPress】私が記事の執筆を一秒でも効率化するためにしていること。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 18
スポンサーリンク

ようやくブログに投稿することにも慣れ、最近は「効率化」を意識するようになってきた。

完成するものが同じならば、出来る限り少ない手間でそれを実現したいと考えるようになり、色々と試行錯誤している。

まだまだ効率化は道半ばなのだが、備忘録も兼ねてここまでの道程を書いてみたいと思う。特にブログで収入を得たいと思っている人は、これらの方法で無駄な作業を廃して時間を有効に使いたい。

作業の効率化

フリーウェアやプラグインを活用して効率化。プラグインの活用は、「はてなブログ」や「ライブドアブログ」と言った無料ブログサービスと、WordPressを比較した際に感じる圧倒的なメリット。

画像を自動圧縮

以前はアップロードする画像をいちいち圧縮していたのだが、今は「EWWW Image Optimizer」というプラグインで自動圧縮している。手間なく画像を圧縮できるので非常に楽。

画像タイトルを一括変換

アップロード用の画像を全選択し、「F2」をクリックする。次に画像名を入力して「Enter」をクリックする。すると、画像ファイルが「~(1)」や「~(2)」にリネームされる。

画像サイズを自動リサイズ

最近はフルHD画像をそのままアップロードしているので不要だが、画像のリサイズはフリーウェアで一括変換できる。

ココからお好みのものを見つけて使用すれば良い。

記事のサムネイルを自動設定

サムネイルの設定は「Auto Post Thumbnail」というプラグインで自動化できる。過去の記事に関してもサムネイルを自動作成してくれるので、これ一つインストールしておけばサムネイル関係で困ることはなくなる。

手軽にリンクを張る

記事の中で別の記事を紹介したい時、わざわざ別画面を開いて記事を探すのは面倒。しかし、「Link to Post」というプラグインを使えば、ビジュアルエディタ(WPの執筆画面)の中で検索してリンクを貼ることが出来るので、これまた非常に便利。

執筆環境を構築する

様々なデバイスを駆使する

私はデスクトップPCと「Chrome Book」で記事を書いている。また、稀にだがスマホやタブレットで書くこともあり、時間や場所問わず書きたいときに書ける環境を構築しておけば、早く記事を書き上げることができる。

関連記事

ネタはメモアプリに記録して全デバイス間で共有

次の記事で書きたいことは「Keep」に保存する。「Keep」だとPC、Android端末やiOS端末間で共有可能なので、いつでもネタ帳を確認することが出来るので便利。

画像はクラウドにアップして全デバイス間で共有

私のブログではゲーム画像が多いのだが、画像は全て「Googleフォト」にアップロードしてあるので、どの端末からでもアクセスできる状態。その画像をダウンロードして記事に貼り付ければ、一つの記事の完成。

わざわざ画像をアップロードするために、デスクトップPCがある部屋まで移動する必要はない。

※ゲームのスクショを自動的アップロード

上記のように当ブログではゲーム画像ことが多い。なので、ゲームのスクショを自動アップロードすると便利なのだが、私はタイトル毎に分けてアップロードしたい。なので今はプレイ後に手動アップロードしている。

しかし、タイトル毎に分けないという人は自動アップロードを有効にすることで、さらに効率的に作業をすることが出来る。