AviUtlだけで『ShadowPlay』の音ズレを解消する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 18
スポンサーリンク

低負担で高画質なプレイ映像を録画できる「ShadowPlay」。非常に重宝しているのだが、編集ソフトによっては音ズレが発生するデメリットがあり、これまではわざわざ「Handbrake」でそれを修正してから、動画編集していた。

しかし、AviUtlだけでこれを修正する方法を発見したので、記事として残しておくことにした。少なくとも私の環境では、この方法を用いれば音ズレは解消される。

AviUtl・拡張編集のインストール

AviUtlをダウンロードする

  1. 配布ページから最新版(記事執筆時:version1.00)をダウンロードする。
  2. 任意の場所に解凍し、その後に「aviutl.exe」を起動して閉じる。

拡張編集Pluginをインストールする

  • 配布ページから最新版(記事執筆時:version0.92)をダウンロードする。
  • 解凍後、.txt以外のファイルを先ほど解凍したAviUtilのフォルダにコピーする。

拡張編集Pluginで音ズレをFixする

拡張編集Pluginを起動する

  1. AviUtilを起動する。
  2. 「設定」->「拡張編集の設定」と進み、拡張編集を起動する。

動画・音声を取り込む

取り込む動画ファイルは、Shadowplayで録画した動画の生素材(編集前の動画)。

  1. タイムライン上で右クリックし、「新規プロジェクトの作成」を選択する。
  2. 解像度やビットレートの設定は、自分の用途に合わせて各自設定する。
  3. タイムライン上で右クリックし、「メディアの追加」->「動画ファイル」を選ぶ。
  4. 同じ要領で「音声ファイル」もタイムライン上に追加する。
  5. 今追加した「動画ファイル」をクリックし、「参照ファイル」を選ぶ。ここで音ズレを修正したい動画ファイルを選択する。
  6. 同じ要領で「音声ファイル」にも。

余分な部分をカットする

  1. 「動画ファイル」と「音声ファイル」をタイムラインの左端に合わせる。
  2. タイムラインの一番最後(一番右)まで進む。
  3. 動画(青)が音声(赤)よりも長くなっているはず。この余分な部分をカットする。

カットする方法

  1. 縦棒を映像の最後に合わせる。
  2. 右クリック後に「カット」を選び、不要部分を分割する。
  3. あとは不要部分を右クリックして「削除」を選ぶ。
  4. エンコードして終わり。

作業完了