Grand Theft Auto: San Andreas – 途中経過 (3)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

gtasa-16022701
メインミッション”Amphibious Assault”で危うく詰みかけた。このミッションは今作で初登場の”潜水”を取り込んだ内容になっているのだが、その潜水が曲者だった。このミッションが始めると、海底の隙間を通り目的地を目指すことになるのだが、この段階で息が続かずに窒息死してしまうことが何度もあった。

PS2版では楽々とクリア出来たので「これはヘンだ」と思い調べてみると案の定バグだった。Steam Forumで発見した書き込みによると“オプションのフレームレート制限をオフにしているとCJの泳ぐ速度が低下する”ようで、潜水する時だけはその設定をオンにすれば良い。これでようやくクリアすることが出来た。

グラフィック設定の項目の少なさやワイドスクリーンへの中途半端な対応等を見る限り、GTAシリーズのPC版は色々と問題を抱えている。特にワイドスクリーンやフレームレート制限をオフにした状態だとそれが顕著で、そのような設定で『GTA 3』や『GTA VC』、『GTA: SA』を遊んでいる時にバグが発生した時は、取り敢えずワイドスクリーンやフレームレート制限をオフやオンにしてみると直るかも知れない。

gtasa-16022702
今作には超簡単な育成要素がある。脂肪や筋肉と言った外見の変化を伴うものから、銃スキルやドライビングスキルと言ったゲームプレイに影響を与えるものまであり、超簡単ながらそれなりに面白い。自分の遊び方が主人公の能力に反映されるのは面白く、試み自体も面白い。

しかし、この育成要素があるせいで「(スキル名)が一定まで上がるまでこのミッションは遊べない」という様な面倒なことが起きている。まあ、これは主人公の体型が変化するという斬新な試みの前では些細な問題なので、欠点とまでは言えないけど。

gtasa-16022703
砂漠地帯でのミッションは「おい、どうした…」と言いたくなる出来。何度も繰り返す事が前提のミッションが多く、それまでの誘導上手で遊び易いミッションと比べると明らかに劣る内容で、ここだけ別のチーム開発なのかと疑いたくなる。一面砂漠なので飛行機やジェットパックを多用した変わり種のミッションが増えるのは理解できるけど、私が遊びたいのはGTAであって、フライトゲームではない。

さて、そんな砂漠地帯でのミッションは全てクリアして、今からラスベンチュラスに乗り込む。ここまでのプレイ時間は約18時間で、『GTA 3(16時間)』や『GTA VC(14時間)』のプレイ時間は軽く超えているけど、まだ10時間分位は余裕でありそうなのがすごい。

– カードキーが欲しい (4)
ヌルイ (2)

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする