新パッチを適用して4kで遊ぶ – Grand Theft Auto IV (7)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

gta4016120101

手厚いサポートは嬉しいが、これまでのセーブデータは使えない(?)。

約6年半ぶりに修正パッチ(パッチノート)が配信されたということで、約8ヶ月ぶりに遊んでみた。まず、最初に目に付くのはグラフィック設定における修正で、以前はVRAMの読み込みに問題があったのだが、今回の修正パッチで正確に容量を読み取って、設定を最適化してくれるようになっていた。(注)i7 4790,GTX970

また、垂直同期をオンにしているとロード時間が長くなる不具合も修正されており、この記事にあるようなことをしなくても良くなった。動作自体も全体的に(やや)軽くなっており、画像にある設定だと50fps~60fpsの間で動くので、以前ほどfpsの変動がないかなという感じ。

しかし、「Games for Windows Live」はそのままだ。

gta4016120102

今回のテストプレイのついでに、4kで出力した映像を1080pにダウンスケーリングするNVIDIAの「DSR」を利用して、本作を疑似4kで遊んでみたのだが、これが意外と快適だった。

今回のテストプレイでは、1080pと4kでは重さに大きな違いはなく、「本当に4kなのか?」と疑問に思うほどだった。しかし、保存したスクショは4kだし、酷いジャギーもかなり軽減されているのを見ると、一応は4kで遊べているようだっだ。

最近は「DSR」を使って色々なゲームを擬似4kでテストすることがあるのだが、やっぱり細かな箇所での違いは大きい。特にPCゲームは目とモニターの距離が短いので、余計にその違いが目に付く。

このゲームの場合、グラフィック設定に「アンチエイリアス」が用意されていないので、ジャギーがかなり酷い。しかし、それが4kだとかなり綺麗になるので、PCスペックに余裕があるのなら4kで遊びたい。

うーん、リバティーシティは良い。個人的には『Grand Theft Auto V』よりも好き。

次 – 
前 – リベンジ (6)

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする