(2) 最高難易度でプレイ中 – Ghost Recon Wildlands

ゴーストリコン ワイルドランズ プレイ日記一覧

  1. 敵を順番に撃ち抜く
  2. 最高難易度でプレイ中
  3. うんざりだ

ガチ感を求めて最高難易度でプレイ中。このゲームには、いわゆる「見えない壁」が無いので、ゲーム開始と同時に好きな場所に行ってミッションを遊ぶことが出来るのだが、各地域毎に難易度が異なるので、今はその難易度に従って低いレベルの地域から攻めている。

ということで、今は二つ目の地域を攻略中。オープンベータでも遊べた最初の地域と比べると、敵の装備はワンランク上がり、ユニダットと呼ばれる軍隊も頻繁に見掛けるようになったので、“難易度の違い”を肌で感じながら遊んでいる。

ただ、最高難易度であってもヌルい。一作目では、「銃声が聞こえた時には既に勝負が付いていた」のだが、今作では『Far Cry 3』風の警戒メーターが表示される上に、敵も鈍感なので、仮に背中を取られても十分にリカバリー出来る。また、ドローンや「Sync Shot」のおかげで、索敵や排除も容易で、通常難易度と比べると「確かに敵は手強い」のだが、ヌルく感じる。

関連記事

やはり、やること自体は前回の記事で述べた通り。エリアを索敵し、敵を順番に狙撃していくことを繰り返す内容なのだが、万が一敵に発見されると手痛い反撃(増援)を食らうので、非常に緊張感があるのは良い。

また、サンドボックス型ミッション特有の自由度も面白い。例えば、リゾート施設に潜入する際は正面から行くか、裏から回って行くかを選べる。更にヘリで強襲することだって可能だ(ハイリスクではあるが)。

しかし、こうした自由度を楽しんでいると、余計に分隊要素の簡素化が残念に思える。例えば、一人を見晴らしの良い場所に配置して狙撃を担当させ、残る二人は側面に待機させて、自分は正面から潜入するようなことが出来れば、もっと攻略の幅が広がったのに…。

やはり、COOPと比べるとソロプレイは劣るかなというのが今の感想。