2016年に遊んだゲームを振り返る、最安値至上主義GoTY

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

-最安値至上主義-GoTY 2016

goty2016-2

早いもので今年もこの時期がやってきた。当ブログの年末企画『Game of The Year』を今年も開催し、今年”遊んだ”作品の中から一番を決めたいと思う。今年も昨年に引き続き、各ジャンル毎に「一番」を発表していき、その最後に「今年の一番」を発表したい。

さて、本題に入る前に選考基準を発表しておく。ゲームメディアにおけるGoTYは「今年発売された作品に限る」ということが多いが、私は毎年以下を基準に選出している。

  • 今年クリアした作品
  • 過去のGoTYで選出されていない作品
  • 本編とDLC(拡張パック)は区別しない。

BEST ACTION – ADVENTURE GAME

Batman: Arkham Knight

best-action-adventure-2016

Batman Arkhamシリーズを締め括る本作は、集大成に相応しい内容に仕上がっていた。”過労気味”ではあるが、バットモービルも違和感なくゲームプレイに嵌っていたし、更なる進化を遂げた格闘戦も他の追随を許さない本家ならではの風格があった。一部の旧態依然とした要素は欠点だが、総合的に見れば今年は本作を超えるアクションゲームは無かった。

候補作 – 『Fallout 4』『Grand Theft Auto IV』『Grand Theft Auto V

BEST ROLE PLAYING GAME

The Witcher 3: Wild Hunt – Blood and Wine

best-role-playing-game-2016

Geralt of Riviaの物語を締め括る本作は、単なるDLCの枠を超えた内容量かつ本編と変わらぬ完成度を誇っていた。プレイヤーの「選択」「決断」を尊重する物語、強く印象に残る登場人物や音楽など、どれ一つ取っても今年遊んだRPGの中では頭一つ抜きん出た存在で、昨年に引き続いて今年も『The Witcher 3』を選んだ。

候補作 – 『Fallout 4』

BEST STEALTH GAME

HITMAN: INTRO PACK

best-stealth-game-2016

『Hitman: Blood Money』と『Hitman: Absolution』を融合した本作は、Hitman特有の複雑かつ奥深いゲームプレイに、手軽さを加味させることに成功しており、二度目のピークを迎えようとしている。その片鱗が感じられる本作をこの項目では選んだ。

候補作 : 『Hitman: Blood Money

BEST SHOOTER

Max Payne 3

best-shooter-2016

陳腐な表現だが、本作は純粋に「撃つ」ことが楽しい。敵の頭を正確に撃ち抜くことが生死を分ける硬派さと、Rockstar Gamesのセンスが光る絶妙なゲームバランスによって誕生した本作の銃撃戦は、どれだけ褒めても褒め足りないほど質が高かった。

候補作 – 『Quantum Break』『Fallout 4』

BEST NARRATIVE

Life is Strange

best-narrative-2016

「時間を巻き戻す」「未来を予見する」と言ったファンタジー要素をベースに、多感な年頃の高校生の揺れ動く内面を描いた物語が秀逸な作品。主人公と彼女を取り巻く同級生たちとの関係性や、バタフライエフェクトを取り込んだ軸となる物語の質も高かった。中でもエピソード3「カオス理論」以降の展開は文句の付けようがないほどであった。今年は「これを選ばなければ何を選ぶんだ」という感じ。

候補作 – 『The Walking Dead Season 1』『Quantum Break』『Replica

BEST OLD GAME(発売後10年以上)

Grand Theft Auto: San Andreas

best-old-game-2016

この項目では旧GTAシリーズの集大成とも言える本作を選んだ。一つのマップに複数の大都市を詰め込み、それらをロード無しで繋いでいる点は今なお革新的。また、GTAの枠組みを最大まで拡張したゲームプレイ面も未だに色褪せておらず、今年はこれ一択。

候補作 – 『Max Payne 2』『Hitman Blood Money』

Game of The Year 2016

Life is Strange

game-of-the-year-2016

14時間も続けて遊んでしまった『Life Is Strange』が今年一番。先程も書いた通り、中盤辺りからの展開が素晴らしく一気に心を奪われてしまった。また、肝心の結末も”当分忘れられないほど”衝撃的かつ感動的で、それらを総合すると今年の一番はこれしかないなと。

基本的にアクションゲームやTPSを好む私が、「今年の一番」に本作を選ぶというのは自分でも意外なのだが、これ以外は考えられなかった。

候補作 – 『Batman: Arkham Knight』

今年のゲームライフを振り返る

昨年は「来年(今年)はもっとインディー作品を遊ぶ」と宣言していたが、今年も相変わらずの「大作主義」だったなと。一応、気になるインディー作品はあるのだが、恐らく来年もこの調子で大作を中心に遊ぶことになると思う。

とりあえず、来年は『Watch_Dogs 2』と『MAFIA 3』は確実に遊びたい。これ以外にも、『MAD MAX』『UNCHARTED 4: A Thief’s End』『Deus Ex Mankind Divided』『Dishonored』、そして『Red Dead Redemption 2』等など遊びたい作品は山ほどある。

これはまだまだ死ねない。ということが分かったところで、この記事を終わりたいと思う。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする