Fallout 3 – 何度目の正直? (1)

フォールアウト3
実は『Fallout 3』は今回が初見ではなく、過去に100時間近く遊んでいる。
しかし、一度もクリアした事がなく、年に一度「今年こそクリアするぞ」と意気込んで最初から遊ぶがその都度、途中で止めてしまう。その結果、無駄にプレイ時間だけが増えていった。

このように毎年、20時間近く遊んでは止めるを繰り返しているので、文字通り”中途半端”に遊んでしまっている。そんな『Fallout 3』を遊び始めたわけだが、もうこれで何度目よ。

さて、今回は少し飽きてきた感がある『Fallout 3』に大型Mod”FWE”やテクスチャパックを導入して、ひと味加えた状態で遊んでいる。チュートリアルを兼ねた子供編もスキップして、いきなりキャピタル・ウェイストランドに爆誕。

爆誕してさっそく、近くの家に住む女性に話しかけて300キャップを回収(これはいつもする)。
キャップと引き換えに、メガトンでモリアティという人物を探し出して「彼女が死んだ」と嘘の報告しないといけないが、期限は指定されていないので気が向いたら行くことにしよう。「この女、詰めが甘いぞ」。

フォールアウト3
とりあえず、小学校へ。
流石に序盤過ぎてレイダー相手でも手こずる。トミーガンを持った敵が特に強くて何度も殺されながらも何とか倒せた。苦労した分、そこそこな数の弾薬が手に入ったので良しとする。あと、地下にアリの巣があったので駆除しておいた。警棒でパカパカするだけの簡単なお仕事。

アリは簡単に駆除できたけど、バカなレイダー共はこのアリに相当苦しめられていたらしい。彼らの計画では地下を掘り進めてメガトンを目指していたそうな。

f:id:Kakihey_jp:20150616134658j:plain
外に出たら、辺りは暗くなっていた。さて、どこで寝よう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする