注目

【Expansys】故障したスマホ(やタブレット)の交換手続きを整理しておく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 21

案内
  • サブブログでは、こっちでは書けないネタを絶賛投下中。

スポンサーリンク

サクッと読む

  • 保証期間は一年
  • 行きの送料は自己負担
  • 郵便局・国際スピード便
  • 料金は1,400円
  • 修理には4週間から6週間ほど要する

以下、発送から返送までを振り返る

約一年前にExpansysで「Nexus 5x」を購入したのだが、一年も経たずに故障してしまった。症状は「再起動ループにハマって起動しなくなる」というもので、ネット上の解決策を試すものの改善されることは無かった。

それで今は別のスマホを使っているのだが、ふと「まだ保証期間内かも」という考えが頭に浮かんだ。しかし、会員登録せずに購入したので注文履歴は見れないし、メールや伝票も残していなかったので、それを確認する術が無かった。

そこでまた、ふと「購入した時にツイートしているかも」という考えが頭に浮かんだ。さっそく、Twitterで「Kakihey Nexus 5x」と検索をしてみると、次のツイートを発見した。

なんと、一年前のその日に注文していたのだ。超ギリギリセーフ、あと半日でも気づくのが遅かったらリサイクル店行きだった。ということで、さっそくExpansysに交換を希望する旨を伝えた。

Nexus 5xが再起動ループにハマって起動しない。まだ保証期間内なので交換して。

3/25 – スマホを発送する

発送から発送後の流れは次の通り。

  1. 国際スピード郵便で発送(1,400円)
  2. 相手に発送したことを報告
  3. 4週間から6週間ほど待つ

注意

私の場合、Googleの二重認証を解除し、相手側にGoogleのログイン情報を伝える必要があった。

4/27 – 一ヶ月以上音沙汰なし

特に急いでいなかったので、気長に待っていたのだが、気がつくと一ヶ月以上も経過していた。さすがに気になったのでメールしたところ、翌日に返信が来て「本日発送した」とのことだった。

ようやく発送されたので安堵したのだが、それと同時に催促のメールから発送までの早さを見ると、「あれ、忘れられてたんじゃんね」とも思った。

今回は「スマホを受け取った」というメールも無かったので、サポート面には少し疑問が残る。

4/30 – 無事帰還

元々はNexus 5x 16GB版を使っていたのだが、帰って来たのは32GB版だった。正直、16GB版では全く足りずに困っていたので、これは嬉しい誤算。スペックアップした上に新品(恐らく)の状態で帰って来たので、諸々の不満も吹き飛んだ。

多少サポート面に疑問は残るが、スペックアップして帰って来たのでチャラ。諸々の手続きが面倒臭いが、故障が認められると誠実に対応してくれたので、今後もココを利用し続けると思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


人気

関連記事