注目

(2) ベリーハードで完走 – ディスオナード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 22
スポンサーリンク

ディスオナード プレイ日記一覧

  1. 我、復讐に命を捧げん
  2. ベリーハードで完走

最高難易度「ベリーハード」で完走。難易度的なことを言えば、「ベリーハード」でもかなり簡単だったので、「ノーマル」やそれ以下だとどれだけヌルゲーと化すのか気になってしまった。

最高難易度でも簡単に感じる3つの理由

  • 主人公は腕が立つ
  • 特殊能力が強い
  • 武器も使い勝手が良い

さて、1周目であった今回のプレイスタイルは、基本的に非殺傷。このゲームの評価で言えば、全ミッションを「ローカオス」で完走したので、2つあるエンディングのグッドエンドを迎えることが出来た。もし、その逆の「ハイカオス」だとバッドエンドへと繋がるようだ。

プレイ中は、自分で攻略法を組み立てていく過程が面白く、「最低限の設定を用意して後は自由に遊ばせる」作風が良かった。また、プレイヤーの知的好奇心を刺激するレベルデザインも秀逸で、最低でも2周はプレイしてその違いを確認したくなった。

ということで、今から2周目を開始しようと思ったのだが、「New Game+(強くてニューゲーム)」が無いことが発覚。周回プレイ前提の作りなのでこれは痛いなぁ…と思いつつ、ハイカオスプレイで最初の2つのミッションを遊んでみたのだが、確かに1周目とは異なるプレイ展開になり、そこは面白い。

ただ、一からレベルアップをしていくのはやっぱり苦痛に近い。なので、最後まで遊び切れるのかは不明だが、様子を見て少しずつ進めていきたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事