(3) 完走 – Deus Ex: Mankind Divided

 

Deus Ex: Mankind Divided プレイ日記一覧

  1. 前作の続き
  2. 序盤は終わり?
  3. 完走

一周目を完走。結局、「ボスも含めて不殺」の縛りプレイには失敗した…と思ったのだが、タレットやドローンで間接的で倒したので、「平和主義者」の実績を解除することが出来た。

不殺プレイ自体は、割りと簡単だった。というのも、これは私の遊び方に依るのかも知れないが、メインミッションにおけるボス戦は最後のラスボス戦しかなく、前作ように個性的な中ボスたちと戦うことが無かったからだ。

さて、私が経験した唯一のボス戦であるラスボス戦だが、これは前作よりもマシな出来だった。前作のボス戦は真正面からの強制戦闘が多くて、Deus Exらしさが微塵も感じられなかったが、今回はタレットやドローンをハッキングして攻撃させることが可能な上に、エリアも広くて自由に動き回りながら攻略することが出来た。

また、最後は「爆弾を解除するか」「要人を救出するか」の二択を迫られるのだが、実は両方とも達成することが出来るのも良かった。爆破装置を解除してボス戦に突入した後に戦わず、一旦そこを離れて要人の救出に行けば両方とも救うことが出来るという柔軟さは面白いと感じた。

欠点を挙げれば、前作同様のエリア構造。今作も地区毎に分かれており、それらがロード画面で繋がっているのだが、同一ミッションでエリア間を移動する際は本当に面倒だった。特に後半は街に戒厳令が敷かれ、巡回する警官に発見されると戦闘という中で、毎回駅を目指してコソコソと移動するのは面倒を通り越して苦痛だった。

一定の区切りは付くものの、続編ありきのエンディングは賛否が別れるだろう。Assassin’s Creedシリーズのように続編が確実に発売されるような作品ならば問題無いのだが、このシリーズはそうではなく、現に次回作以降は未定になっており、これらの伏線が放置されたままになる可能性がある。

欠点はあるものの、前作同様に楽しめた。基本的に前作と同じ感覚で遊べるので、前作が気に入った人は間違いなく今作も楽しめるはず。