『Controller Companion』の紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

PCゲームをパッドで遊ぶために

f:id:Kakihey_jp:20150614145122j:plain
最近のゲームはXbox 360 Controllerに標準対応している事が多いけど、所謂レトロゲームはほとんどが未対応で、ゲーム内の設定からパッドにキーが割り当てられたら良い方。
特にFPSはKB/Mで操作することを想定して作られているので、パッド設定すら出来ないものもある。

私はリビングでPCゲームを遊ぶことが多く、その際に問題になるのがこのパッド問題。
流石に膝の上にキーボードと置いて遊ぶのは難しく、この状態でFPSは”かなり”厳しいものがある。

こうした問題を何とか解決できないかと考えていた時にたまたま目に入ったのが、今回紹介する『Controller Companion』というソフトウェア。
Steamで298円で販売されているこのソフトウェアは、パッドにキーボードのキーなどを割り当てる事で、パッドでPCの操作を可能にしたり、パッド非対応のゲームをパッドで遊べるようにしてくれる優れもの。

この記事ではそんな『Controller Companion』の使い方を説明しようと思う。

使い方

『Controller Companion』を購入後、Steam ライブラリから起動する。
このソフトウェアは常駐ソフトで、起動後はタスクバーにアイコンが表示されるので、そのアイコンをクリックして”Open Setting”を開く。ちなみに、起動した時点でパッドでPC操作が可能になっているはず。

f:id:Kakihey_jp:20150614150023j:plain
“Profiles”タブをクリックして、”Process bindings”を開く。”Browse for exe…”をクリックしてパッドで遊びたいゲームの起動ファイル(.exe)を指定する。

そうする事で、画像のようにゲームのアイコンが表示されるので、今度はそれをクリックして次に”Edit”をクリックする。するとEdit画面が開くので、キーを割り当てる前に”UNBIND ALL…”をクリックして設定を初期化する。そのあとは好きなようにボタンにキーを割り当てて、”APPLY”を押せば設定完了。

ちなみに、感度はEdit画面の”Mouseタブ”を開いて、”Pointer speed”で調節できる。あと、私は”Pointer speed”以外の項目はOffなり、Slowにしている。

補足
左スティックに”WSAD Keys”、右スティックには”Mouse movement”を割り当てると左スティックでキャラクターを動かして、右スティックで視点移動ができるようになる。

感想

とりあえず、『Max Payne』をXbox 360 Controllerでプレイしてみたけど、特に問題なく快適に遊べた。確かにマウス操作ほど正確なエイミングは出来ないが、パッドの手軽さがたまらなく良い。

この『Controller Companion』は300円で買えるので、PCゲームをパッドで遊んでいる人は、とりあえず買っておいて損はないと思う。

一応、フリーウェアでこの手のものがあるようだけど、Steamで管理した方が何かとラクでしょ? 自動アップデートとか、Steam Cloudとか。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする