Batman: Arkham Knight – 地道にリドルを (4)

batman-arkham-knight-16082801

先日の「リドル」に関する記事には、一部誤りが含まれていたので、改めて「リドル」を説明しておく。まず、「リドル」は4種類からなるミニゲームの総称で、決して「?」を集めるミニゲームのみを指しているわけではない。

その4種類とは、「Riddles」「Trophies」「Riddler Victims」「Militia Shields」で、この合計が242個であり、これを全て達成することが「真エンディング」の条件になっているというわけ。先日の記事では、この点が曖昧で誤りを含んでいたので、訂正しておく。

batman-arkham-knight-16082802

基本的に「リドル」は同じ事の繰り返し。たまに面白い仕掛けはあるが、大半はその場所に行って回収するだけ。

とりあえず、77個解いてみたのだが、まだ165個も残っている。この「リドル」以外にも膨大な数のチャレンジとサイドミッションが殆ど手付かずの状態で残っているので、このペースだと完走まで80時間ほど掛かると思う。

最後にリドルを解く上で知ったおいた方が良いことを書いておく。

  • 理想はメインミッションクリア後
  • 全てのガジェットをアンロックし、バットモービルの強化も終えた後に一気に終えた方が効率的。

  • 出現エリアに拘る必要なし?
  • 情報提供者は、出現した地域以外の情報も持っている模様。Bleake Islandの情報提供者がMiagani Islandの情報を持っていることがある。なので、一つの場所に留まって情報提供者を探さなくても良い。

  • 情報提供者の反撃に注意
  • 一部の情報提供者は、首根っこを掴まれた状態でも反撃してくる時があるので、常にYボタンでカウンターに入る準備をしておくこと。

  • 「?」をタグ付けしておく
  • 後回しにしたい「?」は、タグ付けしてマップに表示させておくこと。

– サイドミッションをつまみながら (5)
擬似Coopプレイ (3)

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする