注目

TPS好きに送る。この2年間にクリアしたゲームの中からオススメを紹介。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 21

案内
  • サブブログでは、こっちでは書けないネタを絶賛投下中。

スポンサーリンク

この記事では2015年~2016年に掛けてプレイした作品の中から、”TPS限定”で最も面白いと感じた4作品を選んでみた。

これまでにプレイした作品は下のページにまとめている。
>>ゲームリスト<<

Alan Wake(PC,Xbox 360,Xbox One)


Good

  • サイコスリラーな物語
  • 忠実に再現されたアメリカの田舎町
  • 光と闇を利用した戦闘

Bad

  • 単調
  • 続編ありきの結末

「Remedy Entertainment」が送る異色のTPS。プレイヤーは懐中電灯と銃を手に、迫り来る敵と戦っていく。また、物語の評価も高く、忠実に再現されたアメリカの田舎町で巻き起こる、『X ファイル』や『ツイン・ピークス』を連想させる物語は高く評価されている。

ALAN WAKE’s American Nightmare(PC,Xbox 360,Xbox One)


Good

  • ループを題材にした物語
  • より楽しくなった戦闘

Bad

  • 単調

“ダウンロード専用”ということで、前作よりも小規模な中身になっているが、シリーズの良さは健在。今作ではループを題材にした物語になっており、狭い範囲の中でも錬られた物語になっており、前作同様に楽しめる続編になっている。

Max Payne 3(PC,PS3,Xbox 360)


Good

  • Rockstar Gamesのセンスが光る物語
  • 硬派な撃ち合い

Bad

  • 良くも悪くもオールドスクール系シューター

純粋に「敵と撃ち合う」ことにフォーカスした、古き良きオールドスクール系シューター。鎮痛剤(回復薬)を噛み砕きながら敵の頭を的確に狙い撃ち、次のステージへと進んでいく感覚は、なかなか最近の大作ゲームでは味わえないゲーム体験と言える。

Quantum Break(PC,Xbox One)


Good

  • ゲームと実写ドラマが連動する物語
  • 多彩な能力で戦う撃ち合い

Bad

  • 単調

プレイヤーがプレイ中に下した決断が、“実写ドラマの展開に影響を与える”という作風が売りの本作。有名俳優を多数起用した実写ドラマは見応えがあり、肝心のゲームプレイ面も面白い。様々な能力をごちゃ混ぜにして、次々と敵をぶっ叩いていく撃ち合いはユニークで面白いと感じた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


人気

関連記事