どっちを取る?Googleの「関連コンテンツ」を使ってみて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツが利用可能に

Google AdSenseの「関連コンテンツ」。

当ブログの収入源にもなっている「Google AdSense」。「Google AdSense」は”クリックされた時点で利益が発生する”クリック報酬型の広告になっており、ある程度のPVがあればブログの運営費くらいは賄えるので、これを利用しているブログは多い。

さて、最近になり「Google AdSense」が提供しているもう一つのサービスが利用可能になった。それは「関連コンテンツ」というサービスであり、ブログ内の関連記事と一緒に「Google AdSense」の広告も表示させて、より利益率を高めよう!というもの。

当ブログでは、これまで関連記事を表示させるためにWordPressのプラグインを利用していたのだが、「関連コンテンツ」を利用すれば「Google AdSense」がその役割を担ってくれるということらしい。

私は以前からプラグインの断捨離を行っており、必要最低限のプラグインのみでブログを運営したいと思っていた。この「関連コンテンツ」を利用すればプラグインを一つWordPress上から排除できるので、さっそく使ってみたのだが、意外な悩みが生まれてしまったのだ。

関連コンテンツとアドブロック

さっそくその悩みを書くと、悩みとは「アドブロック利用者は関連記事を見ることが出来ない」ということ。「関連コンテンツ」も「Google AdSense」なので、アドブロックを利用すると一切表示されなくなってしまうのだ。

昨日まで妥協案として「関連コンテンツ」の下にプラグインで「関連記事」を表示していた。しかし、それだと無駄に1ページが長くなってしまい利便性に欠けるところがあったので、今日から「関連コンテンツ」一本に絞ってみたのだが、これだとアドブロック利用者は関連記事を見ることが出来なくなる。

プラグインを利用すると多少なりとも負担が増し、他と競合して不具合を起こす可能性もある。なので、今後も「関連コンテンツ」一本で行くつもりなのだが、これが滞在時間やPVに悪影響を及ぼさないか気がかりだ。

関連コンテンツを利用する方法

実は「関連コンテンツ」は誰でも利用できるわけではない。ある一定の条件を満たしたブログ・サイトのみが利用できるサービスになっており、更には「Google AdSense」の審査をパスしている必要もある。

しかし、ここ最近「審査基準が緩和された」という話も聞くので、以前よりもハードルは低くなっているのかも知れない。実際に大手ブログ程PVもない当ブログでも利用出来ている。

当分は「関連コンテンツ」一本で様子見

今後一ヶ月ほどは、「関連コンテンツ」一本に絞って様子見したい。これで極端に「Google Analytics」の数値が悪化するようなことがあれば、以前のようにWordPressのプラグインに戻すことも考えてみる。

ここ数日「関連コンテンツ」を眺めているのだが、あまり”関連”記事が表示されていないような気がする。これはWordPressのプラグインでも同じなのであまり気に留めていないが、今後Googleの技術で改善することがあれば嬉しい。